BLOG

【コラム】最高のビールの注ぎ方「三度注ぎ」

いつもWaltzのブログをご覧頂きありがとうございます。

本日は、自分の大好きなビールの美味しい注ぎ方をご紹介したいと思います。

飲み会などのお酒の場で、乾杯の際によく活躍する飲み物。

「ビール!」

若いときは、ビールのほろ苦さが炭酸のおかげで強く感じて苦手でしたが、いまではそれが美味しくて、ごくごくと飲んでしまいます。

さて、そんなビールですが実はとてもおいしい飲み方があるのですがご存知でしょうか?

その名も!

「三度注ぎ」

字のごとく、三度にわけてビールを注ぐ方法です。

【1度目】

まずはグラスを平行な台に置き、なるべく高い位置からグラスにビールを注ぎます。

はじめは低い位置から、徐々に高くしていきグラスから溢れそうなくらいビールを注ぎます。

いっきに注ぐのでグラスが泡でいっぱいになると思いますがそれでOK。

【2度目】

泡がグラスの半分くらいまできたら、今度は優しくグラスがいっぱいになるくらいビールを注ぎます。

そのまま数分まって、泡が落ち着くのを待ちます。

【3度目】

泡が落ち着いたら、普通の高さからトクトクとついで、泡をお好みで調整しつつ注いで完成。

飲んでみるとビックリ!

苦味が丸くなって、とってもマイルドに。

時間が経つと苦味が増すのに、この入れ方をすると時間が経っても苦味が強くならないんです。

是非一度お試しください。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧