BLOG

【コラム】硬水と軟水の違いについて

いつもWaltzのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、硬水と軟水の違いについて、
コラムを書かせていただきます。

2つの違いは、「硬度」です。

硬度とは、
水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値です。

硬度が、高いものを硬水、低いものを軟水と呼びます。

濃度が高い硬水は、
口当たりが重く感じます。
(硬度120~180mg/L未満)

例えば、
・便秘解消効果が期待できる

・洋風の煮込み料理に適してい

・ミネラルが豊富

という特徴があるそうです。

反対に
濃度が低い軟水は、
まろやかな口当たりです。
(硬度60mg/L未満)

・日本料理に適している

・髪や肌に優しい

・泡立ちがいい

という特徴があるそうです。

当店では、硬水にくらべて、
刺激が少ない軟水の
クリスタルガイザーを取り扱っております。

赤ちゃんや子どもが飲んでも
安心なお水です。

ぜひご来店お待ちしております。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧