BLOG

【コラム】財布の紐を締めるの由来

いつもWaltzのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、
財布にまつわることわざ
「財布の紐を締める」の由来を、
紹介したいと思います。

ちなみに、日本で物品どうしを交換していたところから、
お金を用いた物の交換へ変化したのは
平安時代末期と言われています。

平家を始めとする時の権力者たちが
中国等の諸外国と貿易を始めたことで、
渡来銭が日本国内でも使われるようになったためです。

室町時代になると自分たちで作るようになり、
この頃の硬貨は、真ん中に穴が空いており、人々はその穴に紐を通して持ち運んでいました。

江戸時代になると、治安が安定し、
お店が増えることで、硬貨の出し入れが増えるようになります。

そこで、いっぺんに出し入れができる「巾着」へ
変わっていきました。

巾着へ変化し、この巾着を締めることから、
倹約や節約を意味する言葉
「財布の紐を締める」
の由来、と言われています。

当店では、
さまざまなニーズに合わせた財布を
取り揃えております。

ぜひ一度、ご来店ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧