BLOG

買った後も楽しめる:革を育むメンテナンス

いつもWaltzブログをご覧頂きありがとうございます。

Waltzで取り扱っているINDEEDの鞄は
革製品の中でもデリケートな反面
経年変化により味わいが更に増す製品です。

今回は革の鞣し方や、
メンテナンスについて紹介させていただき
より一層楽しんでいただければと思います。

革を鞣(なめ)すとは

古来から人は動物の皮を使い、衣服や道具を作っていました。
しかし、そのままの皮では経年変化により、腐ったり硬くなったりしてしまいます。

それらを防ぐために様々な工夫をしてきましたが、一番発展した方法は、草木の汁を使う方法になります。

 

現代の鞣し方には大きく分けて2種類あります。

・クロム鞣し…化学製品を使った鞣し方。柔軟性、耐熱性に優れる。

・タンニン鞣し…植物を使った鞣し方。伸縮性が小さく、堅牢で立体的な仕上がりとなる。

 

Waltzで取り扱っているINDEED製品は、全てタンニン鞣しとなっています。

植物を使った鞣しの方が、地球環境や人間の身体に優しく、革本来の風合いが楽しめるからです。

反面、水に弱く傷つきやすいものであるため、きちんとしたメンテナンスが必要となります。

 

メンテナンスについて

細かいホコリや汚れは、日々落としていくと良いと言われています。

しっかりとしたメンテナンスは12ヶ月に一度が良いそうです。

革製品は、皮から革へ加工する際にオイルを加えます。
そのオイルが経年変化により抜けてくることで、
ひび割れやガサつきの原因にもなります。
そのため、定期的にオイルを加えることが必要になります。

 

具体的には、下記3ステップになります。

1.汚れを落とす
→柔らかい布、ブラシなどで汚れを取ります。

2.保革クリーム
→少量のクリームを取り、全体的に薄く伸ばします。

3.防水スプレー
→薄くコーティングします。かけすぎるとシミになるので、注意が必要です。

 

詳細な手順や、推奨メンテナンス製品は、INDEED社の直営ショップに掲載されています。
合わせてご確認ください。

INDEED公式楽天ショップ:メンテナンスについて

 

適切なメンテナンスを行うことで、
何年も長く楽しむことができます。

また、色や風合いが変化し、
自分の体に馴染む製品に変わっていくのも
革製品の一つの魅力です。

ぜひ一度お手にとって、
自分だけのオリジナルの一品を育みながら、
楽しんでいただければ幸いです♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧